DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

audio-technicaのヘッドホン『ATH-A900X』を買ってきた

2013年02月03日(日) - 23:10 | カテゴリ: 雑談

※ピュアオーディオとはかけ離れている環境(鯖+PC2台稼働)で使っているので、
 感想等は見当違いなこと書くかもしれないけれどあしからず(´・ω・`)

audio-technica ATH-A900X

今まで使っていたONKYOの無線ヘッドホンWR-1が音飛びしたり、
そろそろ歴たってきて高音が出なくなってきていたので新しいヘッドホンを購入。


自分の場合、眼鏡を掛けているので締め付けがキツすぎないのと、
ヘッドバンドの部分が全面で支える物よりも、2点以上の“点”で支える物の方が好きなのでそれを念頭に置きつつ、
予算15000円でそれなりに使える物という事で、結果ATH-A900Xを購入。
買ってから色々調べてみると、ヘッドバンド(ウイングサポート)の部分が合う人と合わない人とで色々な意見があった。
自分はピッタリだったから良いのだが、頭が小さい人はずり落ちる傾向にあるみたい(自分は大きい方(´・ω:;.:… )。

有線のヘッドホンはDTM用途としてATH-M30(こちらもオーテク)を使っていた程度なので、音の広がりにかなり驚いた…
普段はPOP(という名のエ○ゲソング)しか聞かないのだが、久々にクラシックCDを取り出してきたレベル
入門機としては、かなり良い物なのだろう


箱開封した直後はこんな感じのプラ台に乗っている



この“ウイングサポート”が頭デカイ人には救世主。良い塩梅にホールドしてくれます



ヘッドホンのケーブルは布巻になっていて、3mあります。
プラグ部分は金メッキ加工されていて、ミニプラグから標準プラグへの変換アタッチメント付き。
で、そのアタッチメントはミニプラグに対してねじ込む形になります。

まだ使い込んでいないから特徴とかはわからないのだが、体感で音の広がりは良くなったかと思います。
この上の物になると一気に30000円とかになるので、それほど拘らない人ならコイツで十分かと。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!
    CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

Top