DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

自鯖による自宅プライベートクラウドのススメ

2014年12月06日(土) - 17:26 | カテゴリ: Linux

プライベートクラウド:企業内部門やグループ会社などにクラウドサービスを提供する形態の事
↑の環境を「自宅サーバで構築したらどうなるのか」というのが今回のお題。

自宅でクラウド環境を構築するとなると、OpenStackを使った本格的な物から、
Hyper-Vを使ってWindowsクラスタリングみたいな事をする物まで様々な選択肢がある。
それこそ、企業でやるならVMwareを使ったり、必要な時だけ使えるAWSとかもあるが、今回は置いておく

その中でも、"自宅で構築する"という面でオススメなのが、
KVM+HAProxy+Pacemakerを使った、負荷分散型の仮想"なんちゃって"クラウド環境。
というのも、HAProxyを入れている事によって、比較的自由度の高いロードバランシングが可能な事と、
仮想環境の強みであるサーバのコピーによる増殖が可能だから。

そりゃ、金かけてVMwareとか入れられる人はそっちの方が断然良いのだが、
自宅でやっている程度なので、そこまでガチのシステムを組む金も無いわけで(´・ω・`)

先の通り、サーバをコピーした場合でも、
上位に設置したHAProxyを使って分散とかも可能になるのが本構成の強み。
単純なhttpサーバなら、負荷がそこまで高くなる事は無いと思うのだが、
PHPとMySQLを元にブログとか公開してると、この読込み負荷が結構高かったりする。

ただ、MySQL自体を2+Xの構成にしてしまうとDBの同期が面倒だったり、
負荷分散型にするか、Active/Standby方式にするかと、新しい悩みが出てきしてしまうのが欠点。
その辺りは、レプリケーションを使えば良いのだが、それこそ面倒に…

………

他に自宅クラウド上の仮想サーバメリットと言えば、
仮想サーバ環境のその後を気にせず、システムを壊す事が可能という点。

これのメリットは自鯖屋にとっては凄く大きい。
なんせ、テストでシステムを壊してしまうというのは高頻度で発生するので(´;ω;`)
その度に稼働中のインターネット公開用サーバを止める訳にもいかず。
wwwサーバならまだ良いが、mailとかDNSとかだったら問い合わせ元にも影響が出てしまうので。

………

と、いう事でMemoWikiの方にHAProxyとPacemakerを使って負荷分散する方法をメモしていたり。
今まではyum一発でやっていたのだが、今回訳あってソースから突っ込む必要があり、これがまた面倒くさい。

早めに書いて、何らかの物をメモしておかねば。





2 Responses to “自鯖による自宅プライベートクラウドのススメ”

  1. はじめまして、1日1回日記を覗いています。

    自作PCの話題、鯖の話題、ネットワーク機器の話題
    特にネットワーク機器の分解画像とか大好きで
    このサイトをちょくちょく拝見するようになりました。

    今回の自宅クラウド鯖構成にも興味があります。
    とても楽しみにしています

    今日も気づけばこんな時間です^^;

    >>その旅に稼働中のインターネット公開用サーバを~
    "そのたびに"か"その度に"が自然な形では?

    重箱の隅をつつくかのような指摘なので
    不愉快だと思われたら無視して下さってかまいせん。

    次回の更新も楽しみにしています。

  2. どうも、中の人 nowskyです。
    コメントありがとうございます。

    NW機器の分解画像は、自分が特に力入れている所なので見て頂けて嬉しい限りです。
    なんせ、中古で購入したNW機器の“保守サポート = 購入者(自分)”になってしまうので、
    「中古NW機器買いたいけど故障したらどうしよう」という人の不安を少しでも払拭出来ればと。
    後は静音化改造は、誰かがやった実績があれば他の人もやりやすいと思うので。

    クラウド鯖構成は… 記事を書く余裕があったら分割で書こうかなぁ~
    なんせ、複数のL2SW・ルータと物理鯖内の仮想鯖で構成しているので、
    書くのが面倒くさく;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

    ………

    >>> その旅に稼働中のインターネット公開用サーバを~
    > “そのたびに”か”その度に”が自然な形では?

    なんと、こんな細かい誤字を見つけるレベルで読んで頂けているとは…
    はい。ご指摘の通り誤字であります。
    なんせ、10分程度で書き上げた記事でしたので文章チェックが甘かったようです(;´Д`)

    次回もご期待に添える物をアウトプット出来る様に日々努力してまいります。

Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!
    CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

Top