openSUSE

openSUSE
Slackware系のLinuxディストリビューション。
今まではver13.xの様に番号標記だったが、少し前にLeap 42.xの様な標記に変更された。
CentOS、Debianと同じく、initからsystemdに移行されている。

journald

参考:man journald
 
OSをsystemdで管理している都合上、ログの書き出しもjournald経由となっている。
しかし、デフォルトではjournald経由のログがsyslogへ書き出されない為、
kernelログやmailログを他のサーバへ転送する事が出来ない。
 
転送を行うようにするには "/etc/systemd/journald.conf" を下記の様に書き換える。
オプションについてはman pagesを確認すること。

# vi /etc/systemd/journald.conf
---
[Journal]
RateLimitInterval=1s
RateLimitBurst=4096
ForwardToSyslog=yes
MaxLevelSyslog=debug


rsyslog

従来はsystemdのログを直接syslogに出力する場合は設定変更が必要だったが、
rsyslogのバージョンによってはログ出力用のモジュールが準備されている。
対応バージョンを利用している場合 "/etc/rsyslog.conf" に下記を追記する。

# vi /etc/rsyslog.conf
---
$ModLoad imjournal.so


SuSEfirewall2

openSUSEではファイアウォールとしてSuSEfirewall2が用意されている。
普通はyastコマンド経由でFWポリシーを作り込むのだが、
他ディストリビューションで採用されているiptablesコマンドで設定をする事も出来る。
しかし設定済ポリシーの保存先が、/etc/sysconfig/iptables ではないので注意する。
 
SuSEfirewall2の場合、大まかなFW動作の設定、yast経由で設定したFWポリシーは、
/etc/sysconfig/SuSEfirewall2に保存される。

  • 外部ファイルの読込み
    サーバを運用していると、FWポリシーを自動生成しておき中央から一括管理したい場合がある。
    その場合、生成済みの外部ファイルからFWポリシーを読み込ませるケースがあるのだが、
    SuSEfirewall2の場合、iptables-restore以外にもSuSEfirewall2の関数から読み込ませる事が出来る。
  1. 外部ファイルの指定
    /etc/sysconfig/SuSEfirewall2FW_CUSTOMRULESを外部ファイルのPATHに変更
     
  2. 外部ファイルの作成
    外部ファイルに設定内容を書く。
    テンプレが、/etc/sysconfig/scripts/SuSEfirewall2-customにあるのでコピペも可。
    オプションを"I"にすると先頭行に追加、"A"にすると最後に追加される。
    fw_custom_before_denyall() {
        iptables -I INPUT -s *.*.*.*/* -j DROP
        iptables -A INPUT -s *.*.*.*/* -j DROP
    }
     
  3. FWポリシーの適用
    SuSEfirewall2をリスタートする。
    # systemctl restart SuSEfirewall2

Tunnel

openSUSEでトンネルを掘る場合、NICの設定書式に従ってコンフィグを作成する。
設定テンプレートは"/etc/sysconfig/network/efcfg.template"にあるので適宜確認する。
 

  1. GREトンネル
    ・ローカル(eth0)IP:10.0.0.1
    ・リモート(対向)IP:172.16.0.1
    ・トンネル(gre0)IP:192.168.0.1/24
     
    # vi ifcfg-gre0
    ---
    STARTMODE='onboot'
    BOOTPROTO='static'
    TUNNEL='gre'
    TUNNEL_LOCAL_IPADDR='10.0.0.1'
    TUNNEL_REMOTE_IPADDR='172.16.0.1'
    IPADDR='192.168.0.1/24'
    TUNNEL_TTL='64'
    MTU=''
     
  2. IPIPトンネル
    ・ローカル(eth0)IP:10.0.0.1
    ・リモート(対向)IP:172.16.0.1
    ・トンネル(ipip)IP:192.168.0.1/24
     
    # vi ifcfg-ipip0
    ---
    STARTMODE='onboot'
    BOOTPROTO='static'
    TUNNEL='ipip'
    TUNNEL_LOCAL_IPADDR='10.0.0.1'
    TUNNEL_REMOTE_IPADDR='172.16.0.1'
    IPADDR='192.168.0.1/24'
    TUNNEL_TTL='64'
    MTU=''