crmsh

Cluster Management Shell
GitHub crmsh
H/A構成を作成するPacemaker+Corosyncの、EIP設定shellコマンド。
pcsと比べると設定出来る項目が多く、参考資料も多岐にわたる。
pcsの完成度が上がるまではcrmshを使う方が良い。

インストール

1. ビルドインストール
crmshにはPythonからxmlを弄る為のライブラリが必要になる。
また、ビルドする際にはsysconfdirとlocalstatedirをCorosync/Pacemakerと合わせる必要がある。

# yum install python-lxml
# git clone https://github.com/crmsh/crmsh crmsh
# cd crmsh
# ./autogen.sh
# ./configure --sysconfdir=/etc --localstatedir=/var
# make
# make install

使い方

Peer to Peerクラスタリング
一番簡単で基本的な冗長構成。
一般的には2NICを使用するインターリンク構成を取るが、下記では1NIC(共有NIC)で冗長構成を作る。

  • 共有NICで手軽に冗長構成を取る
  • クラスタノードは2台(Node1,Node2)で、同一セグメント内で稼働させる
  • フェイルオーバーは行う。フェイルバックは行わない
  • スプリットブレイン対策(WatchDog,STONITH)は行わない
  • 仮想IPは可変型(IPaddr2)で行う。ちなみにMACアドレス型(IPaddr)ではNICにaliasを張る形で動作する
    lb_case_001.png
    ルール名:LoadBalancer_001
    仮想IP:192.168.0.10/24
    NIC:eth0
    =====
    # crm
    crm(live)# configure
    crm(live)configure# primitive LoadBalancer_001 ocf:heartbeat:IPaddr2 params ip="192.168.0.10" cidr_netmask="24" nic="eth0"
    crm(live)configure# property no-quorum-policy="ignore" stonith-enabled="false"
    crm(live)configure# node Node1
    crm(live)configure# node Node2
    crm(live)configure# commit
    crm(live)configure# exit

添付ファイル: filelb_case_001.png 338件 [詳細]