DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

自宅のコアルータをCisco892FSPに刷新

2018年11月17日(土) - 21:45 | カテゴリ: Network

ns-lab BBのバックボーンNWを支えるコアルータはCisco1812Jを使っていた。
外回線が100Mbpsだったりルータを階層化している事から、
Cisco1812Jでも問題無かったのだが、回線増強も予定しているのでコアルータも刷新した。

当初、RTX1210・IX2215・ISR891でどれにするか迷ったのだが、
某所でCisco892FSPを発見し、予定を変更してこちらを採用する事にした。


上段が今回購入した892FSP、下段が従来から使っているゲートウェイ用の891FJ
ns-lab BBはISPを2契約している都合上、ルーティング制御にPBRとtracking制御を多用している。
この制御を行っているのがコアルータなので、PBR・trackingを使えないと話にならなかった。

また、サブインターフェースでIPv4/v6への接続を行っているのでGigabitI/Fにしたかった。
普通の891FJだとFastEtherになるのだが、891FSPはGigabitEtherを2本備えているので、
今回の自宅NW要件にも合致したのでIYHした。

………

試しに100Mbpsを流し込んでみたが、色々と制御を盛り込んでいる中でCPU負荷は8%程。
ルータのポテンシャルとしては1Gbpsまでは行ける筈なので、
CPU負荷の計算上も問題無く1Gbpsを出せると思われる。

また、IPv4/v6網を分ける為にVRFでルーティングテーブルを分割した上でOSPF/BGPも喋らす事にしたのだが、
Cisco1812Jでは出来なかった、OSPFv3 VRF-Liteも出来るようになった。
逸般の誤家庭に片足を突っ込んでいる身としては、やはりコアルータはCisco・Juniperで組みたい所。
久々のNW弄りで徹夜した日も出たが、ルーティング最適化とかtrackingポリシーの変更も行えて楽しかった。



PowerDNSとPDNS Managerを構築してみた

2018年11月10日(土) - 11:06 | カテゴリ: Linux

権威DNSサーバのアプリケーションと言えばBINDが有名だが、
世の中にはOSS・商用問わず色んな物が存在する。

筆者の場合、自宅サーバのDNSは権威・キャッシュ問わず(GSLB以外)BINDで構築している。
ただ、BINDのみで構築している場合、脆弱性を突かれるとパケット一発で落とされたり、
ゾーン管理が基本的にテキストなので、汎用性の面で難があったりする。

そんな事もあり、色々と情報収集していたらPowerDNSと外部管理ツールを組み合わせると、
それっぽい物を作れる事が判ったので、自鯖で構築してみた。


自宅ProxyをSquid4.3にアップグレード

2018年11月03日(土) - 19:00 | カテゴリ: Linux

通信先管理とWiFi環境からのWeb通信ログを取る為に、
ns-labではProxyを構築してあったりする。
Proxyには皆さんご存じのSquidを利用しているのだが、
アップグレードが面倒でstableのv3.5を使い続けていた。

ただ、先日辺りからv4.0系もstableになったと話を聞いたので、
10月末にSquid v4.3にアップグレードをしてみた。
ちなみに、11/03現在の最新バージョンはv4.4だったりするが未テストなので割愛(´・ω・`)


パッケージで入れるとバージョンが低いので、ソースコードを独自ビルド。
オプションは、ほぼv3.5の物を使い回す事が出来た。



  • Advertise

  • 応援中

    『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
    シルキーズプラス DOLCE 『言の葉舞い散る夏の風鈴』

Top