ZABBIX

zabbix
統合監視システム。やろうと思えば、ログとかも収集出来る。
基本は公式のwikiがあるのでそれを見ればわかる。以下参考資料(wiki)
zabbix 1.8
zabbix 2.2
zabbix 3.2
zabbix RPM

インストール

0. 前提条件

以下を前提でメモしてある。

各IPアドレスは、
・zabbix-server = 192.168.1.10
・zabbix-server = 192.168.1.20
・zabbix-agentd = 192.168.1.10,192.168.11.11
とする。



1. 前準備
予め、必須なミドルウェアを入れておく。
Apache
MySQL
PHP
ミドルウェアを入れた後にzabbix用ユーザ、グループを作成。

# groupadd zabbix
# useradd -g zabbix -d /var/zabbix -s /sbin/nologin zabbix

その後、zabbixで監視する物に対応するライブラリ(snmp-develとか)を突っ込む。
ライブラリ関係までmakeするのだと、切りが無いのでサクッとapt-getなりyumなりするのを推奨。

zabbix-server

2-1. zabbix-serverのビルド
公式wikiの通りにソースを調理していく。
zabbix-serverを入れる時は殆どの場合でzabbix-agentdも入れる筈なので一緒に入れておく。
zabbix-agentdのみインストールする場合は下記参照。

# tar zxvf zabbix-2.2.1rc1.tar.gz
# cd zabbix-2.2.1rc1
# ./configure --prefix=/usr/local/zabbix --enable-server --enable-agent --with-mysql --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2
# make
# make install



2-2. zabbix-serverの設定
./configureを打つ時にzabbix-serverの設定ファイル保存先を、sysconfdirで指定しても良いのだが、
折角prefix指定をやっているのでシンボリックリンクで対処する。

# cd /etc
# ln -s /usr/local/zabbix/etc ./zabbix
# cd zabbix
# vi zabbix_server.conf



最低限、以下の項目を設定しておく。
※設定例(例として、パスワードはzabbix_passにしてある)

LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_server.log
LogFileSize=16
DBHost=127.0.0.1
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix_pass
DBSocket=/tmp/mysql.sock <- MySQLのsock設定と同じにする
DBPort=3306 <- MySQLのポート設定と同じにする
ListenIP=192.168.1.10
Include=/usr/local/zabbix/etc/zabbix_server.conf.d/



2-3. MySQLの準備
zabbix用のDBを作成する前にMySQLのコンフィグをチューニングする。
zabbixはInnoDB方式で書き込んでいく為、普段の設定とは少し違う項目が増える。
あと、zabbixはデータ量が凄く多いのでチューニングをしないとDB容量がすぐGB単位になる。
※アイテム数150を毎分取得していくと、一日で20Mバイトは使う。
詳細はオフィシャルのwikiを見る事。
一例としてこんな感じにする。

# vi /etc/my.cnf
---
#DBファイルをテーブル毎に管理する。
innodb_file_per_table
#実メモリ容量の50%~70%程度がいいらしい。
innodb_buffer_pool_size = 1024M
#HDDの容量に応じて変化させる。32M,64M,128M程度が無難。それ以上だとあまり意味がなくなる。
innodb_log_file_size = 32M



zabbix用にMySQLのユーザとデータベースを作成する。
ユーザのパスワードは、zabbix_server.confに書いた物と同じにする。
もし、MySQLの設定でデータベースのデフォルト文字コードがUTF8になっていないのなら、
データベースを作成する時に文字コードをUTF8指定にして作成する。

# mysql -u root -p
Enter password: {rootのパスワード}
> create database zabbix default character set utf8;
> grant all on zabbix.* to zabbix identified by 'zabbix_pass';
> flush privileges;
> exit;



データベースを作ったら、zabbixのソースに付いているSQLテンプレートを流し込んでデフォルトデータを作る。
※流し込む順番は以下で固定。毎回パスワード聞かれるけど、頑張って打ち込んでいく。

# mysql -u root -p zabbix < {zabbixのソースコード}/database/mysql/schema.sql
# mysql -u root -p zabbix < {zabbixのソースコード}/database/mysql/images.sql
# mysql -u root -p zabbix < {zabbixのソースコード}/database/mysql/data.sql



2-4. 起動準備
zabbix-server起動スクリプトのコピーとかを行う。
※今回はfedora/CentOS用スクリプトを使用。他のディストリビューションならそれに合わせる。

# cp {zabbixのソースコード}/misc/init.d/fedora/core5/zabbix_server /etc/init.d/
# chmod 755 /etc/init.d/zabbix_server
# chkconfig --add zabbix_server
# chkconfig zabbix_server on

-----

※起動スクリプトを修正する。
ZABBIX_BIN="/usr/local/zabbix/sbin/zabbix_server"
ZABBIX_PID="/var/run/zabbix"

if [ ! -e ${ZABBIX_PID} ] ; then
    mkdir ${ZABBIX_PID}
    chown  zabbix.zabbix ${ZABBIX_PID}
    chmod 750 ${ZABBIX_PID}
fi



2-5. Apacheの設定
zabbix用にApacheのディレクトリを作成し、extraコンフィグも書く。
説明の為、apacheのDocumentRootを"/var/apache/html"とする。
※セキュリティとかを考慮していないので、WANに公開している鯖でzabbix-serverを構築する時は注意。

# vi /usr/local/apache/conf/extra/httpd-zabbix.conf

//Apache2.4での書き方
Alias /zabbix/ "/var/apache/zabbix/"
<Directory "/var/apache/zabbix">
    Options FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>

//Apache2.2での書き方
Alias /zabbix/ "/var/apache/zabbix/"
<Directory "/var/apache/zabbix">
    Options FollowSymLinks MultiViews ExecCGI
    AllowOverride All
    Order Allow,Deny
    Allow from all
</Directory> 



設定を書き換えたらzabbixのPHPを移動させ、apacheの再起動をする。

# cp {zabbixのソースコード}/frontends/php /var/apache/zabbix
# chown -R root.www /var/apache/zabbix
# chmod -R 750 /var/apache/zabbix
# find /var/apache/zabbix -type f -print | xargs chmod 640
# /etc/init.d/apache restart



2-6. Webインストール
Webブラウザを起動して、"http://[zabbix-serverのIPアドレス]/zabbix/"にアクセスをして、画面の指示に従いつつインストールを完了させる。
途中で、

・PHPのモジュールが足りない -> PHPをリビルド
・PHPの必要要件(メモリ容量等)が足りない -> /etc/php.iniを書き換え、apache再起動
・MySQLに接続出来ない -> MySQLとzabbix-serverの設定を見直す
・zabbix.conf.phpを設置出来ない -> 一時的にパーミッションを書き換えるか、手動配置

等を行う必要が出てくる。その時はその都度対応していく。

zabbix-proxy

3-1. zabbix-proxyのビルド
負荷分散目的でzabbixを多段構成とする場合は、zabbix-proxyを間に入れる必要がある。
zabbix-proxyはzabbix-serverと同じくMySQLを利用するので事前にインストールしておく。
また、zabbix-proxyのソースコードはzabbix-serverと同じものを利用する。

# tar zxvf zabbix-3.2.0.tar.gz
# cd zabbix-3.2.0
# ./configure --prefix=/usr/local/zabbix-3.2.0 --enable-proxy --with-mysql --with-net-snmp --with-libcurl --with-libxml2
# make
# make install
# cd /usr/local
# ln -s /usr/local/zabbix-3.2.0 zabbix



3-2. zabbix-proxyの設定
zabbix-serverと同じく、シンボリックリンクを張って対処する。

# cd /etc
# ln -s /usr/local/zabbix/etc zabbix
# cd zabbix
# vi zabbix_proxy.conf

 
zabbix-proxyのセキュリティを担保する為にパッシブモード[ProxyMode=1]を推奨。
[ProxyOfflineBuffer]が短すぎると、ログがロストする場合がある為、
1週間=168時間程度まで長くしておくのが良い。

ProxyMode=1 <- パッシブモードで動作
Hostname=zabbix-proxy <- zabbixに登録するzabbix-proxy名
ListenPort=10051
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_proxy.log
LogFileSize=16
DBHost=127.0.0.1
DBName=zabbix-proxy
DBUser=zabbix-proxy_user
DBPassword=zabbix-proxy_pass
DBSocket=/tmp/mysql.sock <- MySQLのsock設定と同じにする
DBPort=3306 <- MySQLのポート番号と同じにする
ProxyLocalBuffer=24
ProxyOfflineBuffer=168
ListenIP=192.168.1.20
Include=/usr/local/zabbix/etc/zabbix_proxy.conf.d/*.conf



3-3. MySQL
zabbix-proxy用のInnoDB設定は、zabbix-serverと同じなので割愛。
zabbix-proxyのDBに流し込むSQLテンプレートはschema.sqlだけ流し込む。
serverと同じく、images/dataも流し込むとエラーが出力され、proxyが起動出来なくなる。

# mysql -u root -p
Enter password: {rootのパスワード}
> create database zabbix-proxy default character set utf8;
> grant all on zabbix-proxy.* to zabbix-proxy_user identified by 'zabbix-proxy_pass';
> flush privileges;
> exit;
---
# mysql -u root -p zabbix-proxy < {zabbixのソースコード}/database/mysql/schema.sql



3-4. 起動準備
zabbix-proxyの起動スクリプトは存在しないので、zabbix-serverの起動スクリプトを再利用する。

# cd /etc/init.d
# cat zabbix_server | sed -e 's/_server/_proxy/g' -e 's/Server/Proxy/g' > zabbix_proxy
# chmod 755 /etc/init.d/zabbix_proxy
# chkconfig --add zabbix_proxy
# chkconfig zabbix_proxy on
# /etc/init.d/zabbix_proxy start


zabbix-agentd

4-1. zabbix-agentdのビルド
ソースコードはzabbix-serverと同じ。

# tar zxvf zabbix-2.2.1rc1.tar.gz
# cd zabbix-2.2.1rc1
# ./configure --prefix=/usr/local/zabbix --enable-agent
# make
# make install



4-2. zabbix-agentdの設定
事前に、zabbix-serverをインストールしていて、シンボリックリンクを張ってあった場合は再度張らないでOK

# cd /etc
# ln -s /usr/local/zabbix/etc ./zabbix
# cd zabbix
# vi zabbix_agentd.conf



最低限、以下の項目を設定しておく。

※設定例
//IPアドレスが"192.168.1.10"のマシンを想定
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
ListenIP=192.168.1.10
Server=192.168.1.10
ServerActive=192.168.1.10
Hostname={ホストネームを英語で書く}
Include=/usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf.d/

//IPアドレスが"192.168.1.11"のマシンを想定
LogFile=/var/log/zabbix/zabbix_agentd.log
ListenIP=192.168.1.11
Server=192.168.1.10
ServerActive=192.168.1.10
Hostname={ホストネームを英語で書く。他と被らない事}
Include=/usr/local/zabbix/etc/zabbix_agentd.conf.d/



4-3. 起動準備
zabbix-agentd起動スクリプトのコピーを行う。
※今回はfedora/CentOS用スクリプトを使用。他のディストリビューションならそれに合わせる。

# cp {zabbixのソースコード}/misc/init.d/fedora/core5/zabbix_agentd /etc/init.d/
# chmod 755 /etc/init.d/zabbix_agentd
# chkconfig --add zabbix_agentd
# chkconfig zabbix_agentd on

-----

※起動スクリプトの中身を修正する。以下は一例。
ZABBIX_BIN="/usr/local/zabbix/sbin/zabbix_agentd"
ZABBIX_PID="/var/run/zabbix"

if [ ! -e ${ZABBIX_PID} ] ; then
    mkdir ${ZABBIX_PID}
    chown  zabbix.zabbix ${ZABBIX_PID}
    chmod 750 ${ZABBIX_PID}
fi


インストール後のチューニング

後は、zabbix-server,zabbix-agentdの再起動テストや、
マシンごとリブートした時に正常稼働するかのチェックを行っていく。
負荷が結構高いので、いらないテンプレートは無効にした方が良い


5-1. ログローテート
zabbix用のログローテートを行わないと、ログが肥大化していくので注意。

# vi /etc/logrotate.d/zabbix
/var/log/zabbix/*.log {
    missingok
    notifempty
    sharedscripts
    create 0664 zabbix zabbix
}

※OSごと再起動させて確認をする。
# reboot



5-2. zabbixのグラフ文字化け対策
インストール直後だとグラフ表示用のフォントが入っていないので、
OSにインストール済みのフォントへリンクして読み込む様にする。
フォントに2バイト文字データが入っていればグラフで2バイト文字の表示をするがPゴシックが無難。

# cd /var/apache/zabbix/fonts
# ln -s /usr/share/fonts/ipa-pgothic/ipagp.ttf ./ipagp.ttf
# vi ../include/defines.inc.php
---
#以下の項目に書き換える
define('ZBX_GRAPH_FONT_NAME', 'ipagp'); //font file name
...
define('ZBX_FONT_NAME', 'ipagp');



5-3. zabbixのグラフ標準表示時間の設定
標準だと、zabbixのグラフは最大2年間・最小とデフォルトが1時間を表示する設定になっている。
この状態だと都合によっては見づらくなるので、PHPを書き換えて表示時間の調整を行う。
設定する単位は秒になる(1時間=3600・1日=86400)。

# vi /var/apache/zabbix/include/defines.inc.php
---
#最小時間
define('ZBX_MIN_PERIOD', 3600); // 1 hour
#最大表示時間
define('ZBX_MAX_PERIOD', 63072000); // the maximum period for the time bar control, ~2 years (2 * 365 * 86400)
#デフォルトの表示時間
define('ZBX_PERIOD_DEFAULT', 3600); // 1 hour



5-4. DB領域の圧縮
監視する端末が増えると、zabbixがMySQLに書き込むデータ量も増えていき、
結果としてディスクI/O不足による高負荷状態になる事がある。
I/O待ちを防ぐには、テーブルを圧縮しディスクI/O負荷をCPU負荷に転換すれば対処出来る。

・MySQLの準備
※innodbの値は環境に合わせて変更する

# mysqldump -u root -p -x --all-databases > mysql_dump.sql
# /etc/init.d/mysql stop
# rm ${MySQL_datadir}/ib_logfile* ${MySQL_datadir}/ibdata*
# vi /etc/my.cnf
---
innodb_file_format        = Barracuda
innodb_buffer_pool_size   = 2048M
innodb_log_files_in_group = 2
innodb_log_file_size      = 64M
innodb_log_buffer_size    = 64M
---
# /etc/init.d/mysql start
・テーブル形式の確認
$ mysql -u root -p
mysql> use information_schema;
mysql> select table_name, engine from tables where table_schema = "zabbix";

+-----------------------+--------+
| table_name            | engine |
+-----------------------+--------+
| acknowledges          | InnoDB |
| actions               | InnoDB |
| alerts                | InnoDB |
|                       |        |
| ...                   | ...    |
|                       |        |
| users_groups          | InnoDB |
| usrgrp                | InnoDB |
| valuemaps             | InnoDB |
+-----------------------+--------+
・テーブル圧縮(InnoDBの場合)
mysql> use zabbix;
mysql> alter table acknowledges ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;
mysql> alter table actions      ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;
mysql> alter table alerts       ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;
mysql> ...
mysql> alter table users_groups ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;
mysql> alter table usrgrp       ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;
mysql> alter table valuemaps    ROW_FORMAT=COMPRESSED KEY_BLOCK_SIZE=8;

mysql> alter table acknowledges engine InnoDB;
mysql> alter table actions      engine InnoDB;
mysql> alter table alerts       engine InnoDB;
mysql> ...
mysql> alter table users_groups engine InnoDB;
mysql> alter table usrgrp       engine InnoDB;
mysql> alter table valuemaps    engine InnoDB;
・テーブル圧縮(MyISAMの場合)
mysql> use zabbix;
mysql> alter table acknowledges engine MyISAM;
mysql> alter table actions      engine MyISAM;
mysql> alter table alerts       engine MyISAM;
mysql> ...
mysql> alter table users_groups engine MyISAM;
mysql> alter table usrgrp       engine MyISAM;
mysql> alter table valuemaps    engine MyISAM;



5-5. windowsのトラフィック計測

  • 参考情報:ネットワークトラフィックの値が取れません。
     
    windows機のNWトラフィックを計測するには、zabbixエージェントとperf_counter()を併用すれば取得出来る。
    しかし、NICを2つ積んでいる場合等により、NIC名に"#"が含まれている場合、
    通常の名前指定では取得出来ない為、トラフィック取得先の指定に工夫が必要になる。
・windows機のNIC名を取得
cmd> typeperf -qx
-> '#'が'_'になったり、'()'が'[]'になったりして出力される
-----
・zabbixテンプレート
タイプ:Zabbixエージェント
キー:perf_counter[\Network Interface({$ETH_NIC})\Bytes Received/sec]
-> "${ETH_NIC}"やホストマクロにNIC名を入れる
・例
Windows:[ネットワークとインターネット] -> [ネットワーク接続] -> [イーサネットのプロパティ]
       ->"Microsoft Hyper-V ネットワーク アダプター #2"
zabbix :[設定] -> [テンプレート] -> [アイテム] -> [作成したトラフィック計測アイテム]
       ->"perf_counter[\Network Interface({$ETH_NIC})\Bytes Received/sec]"
       :[設定] -> [ホスト] -> [トラフィック計測するホスト] -> [マクロ]
       ->"Microsoft Hyper-V ネットワーク アダプター _2"