Apache

Apache
Linuxの定番webサーバだが、WindowsServer用のバイナリも存在する。
オフィシャルではバイナリを配布していないが、ソースは公開されているので、
Windows用にビルドして利用する事も出来る。
 
オフィシャルでは無いが、一部のサイトではビルド済みのWindows用Apacheを配布している。

インストール

0. 前提条件
今回はPandoraFMSに同梱されているApacheを元にメモを書く。
その為、ApacheのバージョンはPandoraFMSのパッケージに依存する形となる。
他所で公開されているバイナリについても、同様の方法でインストール出来る。

  • 構築環境
    ※インストール先は "C:\PandoraFMS\Apache" を利用
    ---
    [Apache]: 2.2.25



1. インストール作業
インストール後にTCP:80でApacheが自動起動する為、既にIISをTCP:80で動かしている場合はIISを停止させるか、
そのままApacheをインストールして起動失敗させた後に設定変更をする。
 

apache_0001_00.png
インストールを開始する -> [Next]
 

apache_0002_00.png
Apacheのライセンス確認 -> [I accept the terms in the license agreement] -> [Next]
 

apache_0003_00.png
ドキュメントの確認 -> [Next]
 

apache_0004_00.png

Network Domainサーバの所属するドメイン
Server NameサーバのFQDN
Administrator's Email Addressサーバ管理者のメールアドレス

 

for All Users, on Port 80, as a ServiceTCP:80で待ち受け
only for the Current User, on Port 8080, when started ManuallyTCP:8080で待ち受け

Webサーバ情報と待ち受けポートを選択 -> [Next]
 

apache_0005_00.png

Typical自動設定
Custom手動設定

Apacheのインストール方法を選択 -> [Next]
 

apache_0006_00.png
Apacheインストール先ディレクトリを入力 -> [Next]
 

apache_0007_00.png
インストールを開始 -> [Install]
 

apache_0008_00.png
ちなみに、IISをTCP:80で動かしている時にApacheをインストールした際は上記のエラーが出る



2. プログラムの起動
Apacheのプログラム(サービス)を起動するには、Windowsのサービスマネージャから行う。
コマンドプロンプトからhttpd.exeを直接実行しても起動するが、
サービスマネージャステータスが非同期になる場合がある為、直接実行はテスト時のみにした方が良い。


添付ファイル: fileapache_0008_00.png 168件 [詳細] fileapache_0007_00.png 185件 [詳細] fileapache_0006_00.png 192件 [詳細] fileapache_0005_00.png 163件 [詳細] fileapache_0004_00.png 189件 [詳細] fileapache_0003_00.png 184件 [詳細] fileapache_0002_00.png 190件 [詳細] fileapache_0001_00.png 165件 [詳細]