OpenSSL

OpenSSL Binaries
SSLライブラリとして利用される事の多いOpenSSLもWindows環境で使う事が出来る。
以前は、オフィシャルでWindows用バイナリを配布していたのだが、現在は配布していない。
 
その為、Windows環境でOpenSSLを使うには、
有志の方がビルドしたバイナリを利用するか、自分でビルドする必要がある。

インストール

0. 前提条件
今回はShining Light Productionsで配布しているバイナリを利用する。
バイナリは32bitと64bitで別れているので、OSのビット数に合わせてダウンロードしておく。
 
今回の説明は下記環境でテストを行った。

  • 構築環境
    ※インストール先は "C:\OpenSSL" を利用
    ---
    [OS]:      WindowsServer2012R2 x86_64
    [OpenSSL]: 1.0.2g (64-bit)



1. インストール作業
ダウンロードしたバイナリをダブルクリックすると、インストールウィザードが開始される。
基本は画面に従って[Yes/Next]を押していけば良いが、
インストール先ディレクトリを変更する場合は、ウィザードの入力に気をつける。
 

openssl_0001_00.png
インストール開始 -> [Next]
 

openssl_0002_00.png
OpenSSLのライセンス確認 -> [I accept the agreement] -> [Next]
 

openssl_0003_00.png
インストール先の指定 -> [C:\OpenSSL] -> [Next]
 

openssl_0004_00.png
スタートメニューの作成 -> [OpenSSL] -> [Next]
 

openssl_0005_00.png

The Windows system directoryWindowsのシステムディレクトリにインストール
The OpenSSL binaries directoryOpenSSLインストール配下のbinディレクトリにインストール

OpenSSLコマンドのインストール先を指定 -> [Next]
 

openssl_0006_00.png
ドネート確認してインストール完了 -> [Finish]



2. プログラムの起動
インストールした後は必要に応じて、コマンドプロンプトにPATHを追加する。
とりあえず起動確認をする場合は、インストール先のopensslコマンドを直接叩く

>cd C:\OpenSSL\bin
>openssl version

添付ファイル: fileopenssl_0006_00.png 163件 [詳細] fileopenssl_0005_00.png 176件 [詳細] fileopenssl_0004_00.png 167件 [詳細] fileopenssl_0003_00.png 179件 [詳細] fileopenssl_0002_00.png 150件 [詳細] fileopenssl_0001_00.png 152件 [詳細]