Joomla

大規模システム向けのCMSツール。設定次第でWebページ、ブログ、Wiki等を構築する事が出来る。
特長の一つとして、OSSのCMSなのに利用可能データベースの一つとして、MS SQL Serverをサポートしている事。
また、WebサーバにIISを用いても動作するので、IISとMSSQL連携時の技術検証用としても重宝する。
 
上記の様に、クロスプラットフォーム対応が無料の範疇で進んでいる為、
WebサーバはApache・DBサーバはMSSQL等の変則的な構成も作る事が出来る。

インストール

0. 前提条件

  • 構築環境
    [VM]:  Hyper-V ver6.3.9600
    [OS]:  WindowsServer2012R2 64bit
    [MEM]: 4GB
    [HDD]: C:50GB / D:50GB
    [SQL]: SQL Server 2016 Express
    [IIS]: IIS 8.5.9600
    [CMS]: Joomla! ver3.6.2
    [DIR]: C:\inetpub\wwwroot\joomla



1. インストール作業
事前に、IISMSSQLの設定を済ませておく。
日本語版についてはJoomla Japanで配布しているが、インストールしても日本語が反映されなかったので、
オフィシャル版をインストールした後に日本語ライブラリを追加する事で、日本語ローカライズを行う。
 

 Joomla インストール手順



2. ローカライズ
現状では言語設定が英語になっているので日本語にローカライズを行う。
普通ならばエラー出ずに作業が完了する筈なのだが、言語データをインストールする時にDBエラーが出てしまう為、
手動でDBの設定変更をする事でエラーを回避し日本語化を完了させる。
DBの操作は全てSSMSで行う為、事前にSSMSのインストールを完了させておく。
 

 Joomlaの日本語化



3. 参照権限の修正

インストール時の処置としてIISにフルコントロール権限を付与しているので、参照権限を本来の値に修正する。
パーミッションについては、Joomlaのシステム情報から参照出来るので、確認しながら書き込み権限の付与を行う。
 

 パーミッション変更手順



4. PHPキャッシュの追加
環境によっては、PHPキャッシュディレクトリを追加指定しないと、
Joomlaのテンプレートインストール機能が動かない場合がある。
構築した環境が該当するか調べるには、 [エクステンション] -> [管理] -> [警告] を確認する。
PHPキャッシュを "C:\inetpub\temp\php" に作成する場合の例を参考までにメモしておく。
 

 PHPキャッシュ設定例

添付ファイル: filejoomla_perm_03.png 123件 [詳細] filejoomla_perm_02.png 126件 [詳細] filejoomla_perm_01.png 112件 [詳細] filejoomla_sql_04.png 123件 [詳細] filejoomla_sql_03.png 120件 [詳細] filejoomla_sql_02.png 115件 [詳細] filejoomla_sql_01.png 116件 [詳細] filejoomla_inst_06.png 119件 [詳細] filejoomla_inst_05.png 120件 [詳細] filejoomla_inst_04.png 118件 [詳細] filejoomla_inst_03.png 115件 [詳細] filejoomla_inst_02.png 115件 [詳細] filejoomla_inst_01.png 120件 [詳細]