DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

Archive for the ‘PC’ Category

CloudGarageが終了するのでVPSを引越す事にした

2019年05月18日(土) - 21:04 | カテゴリ: PC

“ns-lab BB”のユーザ接続用メールサーバはCloudGarageで稼働させているが、
先日、CloudGarageからサービス終了の案内が来た (´・ω:;.:…

サービス統合とは書いてあるものの、実際には価格体型が大きく変化したり、
移行先サービスのお知らせページがハ○グルになったままだったりと、
不信感極まりないので今回を期に別のVPS事業者に引っ越す事にした。


日本語ページでコレはひどい…



syslog転送出来ないログを、リアルタイムでsyslogに変換してみた

2019年05月11日(土) - 12:26 | カテゴリ: Linux

PowerDNSのDNSクエリログや、ローカル出力したテキストをログとしてリモート転送する時、
syslog形式に変換してログとして転送したいケースがそれなりにある。

そんな時、普通ならrsyslog/syslog-ngとログをフックする仕組みを使ったり、
Fluentdなどのログ収集デーモンを追加する事で、リアルタイム取得を行いつつ再転送する事が出来るが、
全体の仕組みが複雑になったり、そもそも構成・設定変更をやりたく無いなどの理由で没になる。

( ´ Д`) 「もっと簡単に、生ログをリアルタイムで取得しつつ、syslog変換したいな~」
( ゚ Д゚ )φ 「一人(筆者)が思っている位だから、似たような事を思っている人は多い筈…」
(。・Д・) 「有料ソフトある位だし、それなりに需要は多そうだな……」
(`・ω・´) 「意外と簡単そうだから作っちゃうか!」

と思い至ったので、スクリプトを自作して “ns-lab BB” のLinuxサーバに組み込んで実際に使ってみた。


全体概要は上の通り。裏ではtailを使ってリアルタイムにログ取得を行いつつ、
logger経由でローカルのsyslogにログ出力し、rsyslog/syslog-ngを使ってリモート転送も可能にした。
tailについてはオプションを指定する事で、tail対象のログがローテートされた場合でも、
順応しながらログを取得し続ける様にしてみた。


gdnsdとdnsdistでGSLB構築

2019年05月05日(日) - 22:34 | カテゴリ: Linux

以前、gdnsdとnginxリバースプロキシ機能を使って、
可用性を維持したグローバルロードバランサ(GSLB)を構築したのだが、
“gdnsd+nginx” 構成で1年運用した所、”ns-lab BB” では次の様な問題が出てきた。

  1. 可用性が高すぎて縮退メンテナンスが面倒
    メンテの為にサクッとGSLBの権威DNSから外したい場合、
    上位DNSサーバでサブドメイン委譲設定を変更する必要があった。
    エンタープライズなら委譲設定変更(NSレコード削除)も実施するが、
    自鯖用途だと大げさにせずサクッと外したい場合が出てきた。
     
  2. DNSクエリログを取得出来ない
    nginxリバプロ構成の場合、クライアントからのDNSクエリはnginxが処理する為、
    nginxでクエリログを取得する必要がある。
    ただし、nginxの仕様でUDPリバースプロキシでパケットログ取得が出来ないので、
    別途構築したログ監視などが出来なかった。

という事で、課題を解決すべくオープンソースカンファレンスでネタを探したり、
twitter上で技術情報も追いかけていた所、dnsdistを使うとDNSに特化したリバプロを構築出来る事が判った。
『善は急げ!』という事で、テスト環境で実際に構築した上で『コレは行けるな!』と感触も得られたので、
休みを使って “ns-lab BB” のインターネット向けGSLB環境にdnsdistを組み込んでみた。



  • Advertise

  • 応援中

    ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』
    この恋は世界を変える CIRCUS 20th Project「D.C.4 ~ダ・カーポ4~」予約受付中!