DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

自鯖のInternet用DNSをIPv6対応させてみた

2017年05月20日(土) - 23:06 | カテゴリ: Linux

実は、IPv6で待ち受けるInternet用のDNSサーバを構築はしていたのだが、
色々とバタバタしており放置していた。
そんな中、折角構築したサーバを放置したままなのも勿体ない事もあり、
「そろそろIPv6対応させるか…」と発起して作業再開…

という事で、レジストラに"ns-lab.org"のグルーレコード変更を申請して、
自宅サーバ用DNSサーバ自体をIPv6対応させてみた。

やる事は簡単で、DNSサーバでIPv6の待ち受けを設定した後、
上位DNSにグルーレコードを登録する為にレジストラから申請するだけ。

適当に申請した後にzoneが伝搬するまで待ってから、
digで自鯖ドメインのNSを引いてみれば反映されているかがわかる。

$ dig @2001:500:c::1 ns ns-lab.org

; <<>> DiG 9.9.9-P1 <<>> @2001:500:c::1 ns ns-lab.org
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 47636
;; flags: qr rd; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 4, ADDITIONAL: 7
;; WARNING: recursion requested but not available

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 4096
;; QUESTION SECTION:
;ns-lab.org.                    IN      NS

;; AUTHORITY SECTION:
ns-lab.org.             86400   IN      NS      ns1.ns-lab.org.
ns-lab.org.             86400   IN      NS      ns2.ns-lab.org.
ns-lab.org.             86400   IN      NS      ns3.ns-lab.org.
ns-lab.org.             86400   IN      NS      ns4.ns-lab.org.

;; ADDITIONAL SECTION:
ns1.ns-lab.org.         86400   IN      AAAA    2001:470:fdb0:feed:222:230:107:251
ns2.ns-lab.org.         86400   IN      AAAA    2400:8500:1301:729:133:130:52:97
ns1.ns-lab.org.         86400   IN      A       222.230.107.251
ns2.ns-lab.org.         86400   IN      A       133.130.52.97
ns3.ns-lab.org.         86400   IN      A       153.126.186.142
ns4.ns-lab.org.         86400   IN      A       203.137.111.25

;; Query time: 141 msec
;; SERVER: 2001:500:c::1#53(2001:500:c::1)
;; WHEN: Sat May 20 22:35:01 JST 2017
;; MSG SIZE  rcvd: 231

『なんでNS3とNS4はAAAAレコードが無いの?』と思った方は鋭い。

実は、IPv6を調達しているVPSでIPv6の逆引きをやっていなかったり、
固定値で変更不可だったので登録を断念した。
DNSの仕組みとして逆引きは必須では無いのだが、逆引き自体が無いとそれなりに困るのと、
自前でDNSを持っているのに逆引きでVPS提供元ドメインが出てくるのは微妙なので、
『いっその事、登録を無くすか』という結論になった。

なので、逆引きを登録出来た某サービス(NS1)と、ConoHa(NS2)はデュアルスタックでDNSを待ち受け、
固定値だったさくらのVPS(NS3)と、そもそもサービスが無かったABLENET(NS4)で役割を分けた。
…本来は全NSでIPv4/IPv6の両方を待ち受けるのがベストなのだが、趣味な自鯖なので (´・ω・`)

$ dig @8.8.8.8 -x 2001:470:fdb0:feed:222:230:107:251 +short
ns1.ns-lab.org.

$ dig @8.8.8.8 -x 2400:8500:1301:729:133:130:52:97 +short
ns2.ns-lab.org.

$ dig @8.8.8.8 -x 222.230.107.251 +short
251.SUB251.107.230.222.in-addr.arpa.
ns1.ns-lab.org.

$ dig @8.8.8.8 -x 133.130.52.97 +short
ns2.ns-lab.org.

$ dig @8.8.8.8 -x 153.126.186.142 +short
ns3.ns-lab.org.

$ dig @8.8.8.8 -x 203.137.111.25 +short
ns4.ns-lab.org.

時代はクラウドの中、自前でこんだけDNSサーバ構築している誤家庭は少ないだろうな…

DNSサーバの拡張はこれで一段落。
次はお待ちかねのWebサーバのIPv6化を行うか、MailゲートウェイのIPv6化を行いたい所。
LTE網でIPv6振ってくるのが目前に迫ってきているし、IPv6系の勉強と対応準備を進めねば。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!
    CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

Top