DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

CCENT(ICND1)を受けてきた

2012年12月22日(土) - 00:42 | カテゴリ: Network

シスコ技術者試験 ICND1

自分には今後必須な知識+チケット(バウチャー)をゲット出来る機会があったので、
この際だからとバウチャーをゲットし、頑張ってCCENTを受けてきた。

正直な所、結構難しかった(´・ω・`)
一応、940点越えでPass出来ました。良かった良かった…

言い訳になってしまうが、自分の場合Linux弄っている方が好きなので、
『ネットワーク? 自分は基礎解っていりゃ良いわ』と思っていた。
しかし、今回CCENTを受けてみて自分のネットワークの基礎知識がかな~り疎かになっていた事を体感した…

CCENTが難しいと言っても色々な物があって、基礎知識から複合問題までと様々だった。
どんな試験にも言える事だが、自分の得意分野に当たれば良いが当たらないと落ちる。
問題を明かすのは出来ないが、今後CCENTを受けてみようと思っている人は、
シミュレーション問題を徹底的にやっておくといいかもしれぬ。
知識は当たり前として、それを元にシミュレーションを行っていくと理解も深まる。
と言ってもシミュレーションするには既存のシミュレータを使うか、
実機が必要になってくるので結構敷居高いかも。
そこで重要になるのが、既存のCiscoシミュレータを使ったり、実機をヤフオクとかで入手してくる手段。
Ciscoシミュレータは、解説本に付録として付いていたり、そもそもシミュレータだけで販売されていたりする。
実機の方は、CCENTレベルならルータx2/スイッチx1で何とかなるかとは思われる。この程度ならば、5000~10000でお釣りが来る筈。

『金かけたくね~よ!!』という人はPing-tというサイトのWeb問題を徹底的にやっていけばOK
『どの位まで徹底的にやるのよ?』という所だが、自分の場合は下の画像のスコアになるまでやった。
Ping-t スコア

本当、Ping-tのサイトには凄く助かった…

これで、CCENTは完了したので次はICND2を受けてきてCCNAを認定させねば…
CCNAはフレームリレーとか聞いた事ない様な技術も出てくるし、勉強する事多いな(´・ω・`)





  • Advertise

  • 応援中

    ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』
    この恋は世界を変える CIRCUS 20th Project「D.C.4 ~ダ・カーポ4~」予約受付中!