DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

「KOTOKO LIVE TOUR 2017『Fight!!』~げーソン VS あにソン・夏の陣~」に行ってきた

2017年09月03日(日) - 02:10 | カテゴリ: 雑談

普段、この時期はもの凄く急がしくてライブに行く事なんてもっての他なのだが、
今年は事情が変わって時間が取れそうだった事もあり、チケットを予約していた。
「今年こそは…!」と祈りつつチケット当落日を迎えた所、
念願の当選だったので満を持してライブに参加してきた。


なんだかんだで、タオルだけはどんなイベントでも買っている様な気がする…
よく見ると、プリントされている文字列は曲名なのね

今回はセットリストは下記の通り。
一言で「エ○ゲーマーを倒しに来ているセットリスト」だった。

  • 前半戦:げーソン
No 曲名 出典
01 TRUE-BLUE BLAZBLUE CENTRALFICTION
02 resolution of soul D+VINE [LUV]
03 原罪のレクイエム プリズム・アーク ~プリズム・ハート エピソード2~
04 Cream+Mint ショコラ ~maid cafe “curio”~
05 Leaf Ticket パルフェ 〜ショコラ second brew〜
06 未来自画像 真剣で私に恋しなさい!S
07 Fusion Star あねいも ~アイとHのステップアップ~
08 Art as♡ イノセントガール
09 Fancy Game!? あなたをオトコにしてあげる!
10 恋ひ恋ふ縁 千恋*万花
11 涙の誓い とらいあんぐるハート3 ~Sweet Songs Forever~
12 Wing my Way ファーランドシンフォニー
13 jihad BALDR SKY Dive2 -RECORDARE-
14 Adolescence Locater シロガネ×スピリッツ
15 bumpy-jumpy ナツユメナギサ

 

  • インターバル
No 曲名 出典
Face of Fact -Remix- BALDR FORCE
sensitive -Remix- 義妹 ~背徳の契り~
Close to me… effect ~悪魔の仔~
I pray to stop my cry 凌辱看護婦学院
Fatally DUEL SAVIOR
Pray’s color -Link- ましろサマー
xxx-revolt crossbeats REV. SUNRISE
さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~ カラフルキッス ~12コの胸キュン!~
ユメミボシ★boom!boom! ティンクル☆くるせいだーす
Unite+reactioN マテリアルブレイブ
恋愛CHU! 恋愛CHU! ~彼女のヒミツはオトコのコ?~

 

  • 後半戦:あにソン
No 曲名 出典
16 Shooting Star おねがい☆ティーチャー
17 Sociometry 灼眼のシャナⅡ -Second-
18 あの日の君へ おねがい☆ティーチャー
19 地に還る ~on the earth~ スターシップ・オペレーターズ
20 agony 神無月の巫女
21 ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!
22 七転八起☆至上主義! ハヤテのごとく!
23 daily-daily Dream ハヤテのごとく!!
24 TOUGH INTENTION 白銀の意思 アルジェヴォルン
25 →unfinished→ アクセル・ワールド
26 being 灼眼のシャナ

 

  • アンコール
No 曲名 出典
01 Face of Fact ~2017 バンドアレンジ~ BALDR FORCE
02 INFINITE SKY 蒼の彼方のフォーリズム
03 LOVE A RIDDLE おねがい☆ティーチャー
04 Light My Fire 灼眼のシャナⅢ -FINAL-

セトリ見るとわかる人はわかるが、エ○ゲーマーを全力で倒しに来ていた (;・∀・)

掴みで敢えてコンシューマ版BLAZBLUEの主題歌を持ってきて、
エ○ゲソング好き・アニソン好きの間を狙いつつ、テンションを上げる曲でスタート。
「resolution of soul」などの古い曲、「恋ひ恋ふ縁」などの新しい曲などを交互に入れてきているのは、
歴史あるエ○ゲ歌姫だから出来る技だと実感した。
戯画育ちの筆者の場合、途中の「Cream+Mint」「Leaf Ticket」でテンションがMAXに。
ただ、『次は「allegretto ~そらときみ」か!?』と思っていたら、
「未来自画像」が来たのは意表を突かれた。
まぁ、allegrettoが来たらその時点で(良い意味の)試合終了になってしまうが (`・ω・´)

他には、前々から生で聞きたかった「jihad」「原罪のレクイエム」を聞けたのが最高。
KOTOKOのげーソンと言ったら、この二つは外せない!

………

インターバルは、曲数の関係でエ○ゲソングのアレンジだった。
最初はサクッとお手洗いに行こうと思っていたのだが、
初っぱなに「Face of Fact」が流れた瞬間に『こりゃ聞かないと駄目だ!』と思い、行くのをやめた程。
今回、生で聞けなかったが「Fatally」「ユメミボシ」が入っていたのも嬉しかった。
………

アニソンサイドは「Shooting Star」で始まって、
インターバルでクールダウンしたのが、再度テンションMAXに上がりきった。
なんだかんだで聞く事が出来ていなかったので凄くよかった。
先日、丁度おねティをマラソンしていた事もあり、
『自分の中の、KOTOKOアニソンといったらShooting Starだな』と再認識した。

他には、ハヤテのごとく関連、灼眼のシャナ関連など名だたる曲を披露しつつ、
アニそんも追い込んで行ってた。

………

アンコールは待ちに待っていた「Face of Fact」でスタート。
しかも、今回のライブ用にアレンジし直した特別仕様だった!
今までに何回も聞き込んだ曲だが、別アレンジになった事で違った印象を持つ曲に生まれ返っていた。
「INFINIT SKY」を挟みつつ「LOVE A RIDDLE」をぶっ込んできたり、
アンコールなのにさらに盛り上げて来た後、ラストに「Light My Fire」で締めだった。
アンコールで完全燃焼してしまった… _(:3」∠)_

………


実は、3年前に無料ライブに参加したきりで、KOTOKOライブは行く機会が無かった筆者。
ず~っと、行きたいなと思いつつ念願の参加が出来て良かった。
満足度の高いライブだったが、唯一残念だったのが「allegretto ~そらときみ~」が無かった事
戯画の『丸ねこ』2部作が来ていたのだから、
3部作目となる『この青空に約束をー』の楽曲も歌って欲しかった (´・ω・`)

筆者が、KOTOKOさんのCDを初めて購入したのは「being」だけど、
一番最初に聞いたのは「allegretto ~そらときみ~」のOPだったので思い入れ深い曲…

『エ○ゲ vs アニソン』のコンセプトは中々無いので新鮮だった。
色々な曲を持っているKOTOKOさんだから出来る技だし、
今回のようなコンセプトライブは今後もやってほしい所。
…という事を、出し忘れたアンケートに書いて、郵送提出をする事にしよ (`・ω・´)





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!
    mirai『宿星のガールフレンド』7月27日発売!

Top