DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

自宅メール鯖のIPv6対応とDMARC再調整を実施

2018年08月26日(日) - 20:22 | カテゴリ: Linux

先日、さくらインターネットからこんなメールが届いた。
ぶっちゃけ記憶の彼方だったのだが全文読んだ辺りで…

( ゚д゚) ハッ! 思い出した!

ず~~っと前に「さくらのVPSでIPv6の逆引きを自由に設定したい」とフィードバックを送った事があり、
ついにIPv6逆引き機能を実装したという連絡。
さくらのVPSは多機能なので大きな不満は無かったのだが、
その中でも微妙に困っていたのがIPv6の逆引きだった。

ns-lab BBは権威DNS・メール鯖などを(ほぼ)全て自前で構築して運用している。
また、Internetコンテンツ系のサーバは自宅サーバとVPSのハイブリット構成を取っており、
DR用途と比較・検証を兼ねてVPS事業者をあえて分けて使っている。

なので、事業者毎に実装されている機能に違いがあり、結果としてフル機能を使えない事が少しあった。
その中の代表的な問題がIPv6逆引き設定であり、メール鯖にも影響が出るのでどうした物かと思っていた。
そんな中、今回はさくらのVPSがIPv6逆引き設定自由化に対応してくれたので、
今まで出来なかったサーバ構成にトライ出来るようになった。ありがたやー

という事で、今回は権威DNS・メール鯖の兼用サーバにIPv6逆引きを好きに設定しつつ、
メールのDMARCもIPv6に正式対応させてみた。

メールサーバ(MTA)のIPv6対応はググれば色々出てくるので割愛。
件のns-lab BBメール鯖はデュアルスタック方式で割り当てた。

ずっとテコ入れしたかったSPFも、今回のサーバ構成の微変更に伴いレコードを作り直した。
ns-lab BBのメールSPFレコードはIPv4のみを適当に直書きしていたのだが、
今回からIPv6も含める事となったのでレコード構成を本気で見直した。
実際に色々なメールサーバのSPF登録例を読みつつ、SPF仕様にも沿う形で下記の様に登録した。
具体的には、IPv4/IPv6でタイプが分かれる事を活用しincludeを使って外部参照する形にした。
こうする事でサブドメイン全体のメールSPFレコード(アスタリスクSPFレコード)にも噛ませたり、
管理用でIPを追加せざるを得なくなった場合にも、include・redirectで組み替えられる様になった。


SPFは10回のDNSクエリ(include)以内に参照を完結させる決まりがあるが、
上記ならば3クエリになるので無事に納まった。
include構成はYahooメール・Gmailなどの大手フリーメールでも採用している鉄板構成だったりする。
ちなみに、10回のDNSクエリ制限はRFC7208-4.6.4で策定されている。

………

SPF検証・DKIMシグネチャ付与・DMARCポリシーの設定は既存の物を流用しつつ、
IPv6対応のついでにサブドメインメールの認証も追加した。と言いつつ、DMARCはsp=noneですが
その後、実際にGmailからメールサーバに対してメールを送ったり、
外部のDMARCテストサイトを使って検証した所、全て設計通りに署名・検証が完了した。


想定通りReceivedはIPv6アドレスが記録され、受信のメール配送はIPv6経由で問題無く完了した。
流石にGoogleだけあって、メールもちゃんとIPv6に対応していた。

………


DMARCの検証には自鯖からGmailへメールを送ったり、外部の検証サイト(なりすまし対策ポータル)を活用。
検証サイトでテストした所、こちらも設計通りに「mail.ns-lab.org」発のメールが「PASS」になった。

ぶっちゃけ、自鯖でここまでメールセキュリティを上げている人は一握りの逸般人だと思うが、
何でも出来る自宅サーバだからこそ、色んな技術を積極的に導入していきたい所。
セキュリティ技術やIPv6は普及が進んでない事もあり幾らでも掘り下げられるので、
今後も自鯖インフラを活用しつつトライしてみようと思う。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
    シルキーズプラス DOLCE 『言の葉舞い散る夏の風鈴』

Top