DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

「fripSide Phase3 1st FAN MEETING in Osaka -決起-」に行ってきた

2022年10月29日(土) - 23:28 | カテゴリ: 雑談

fripSide Phase3になってから早よ半年、心機一転してPhase3のライブツアーが始まった。
satさんも言っていたが、歌手としては1年目になるお二人が場慣れする目的もあるのか、
久々のファンミーティングに前哨戦として参加してきた。

ファンミーティングの通り、
オフィシャルファンクラブに参加している人で当選した場合のみ見れるスペシャルイベント。
ファンイベントなので物販とかも無く裏イベントのイメージが非常に強かった。
筆者もファンクラブに参加しているが、なんとか当選して参加。
当日、周りの人の会員証を見せてもらったらプラチナランクの人ばかりでビビった。

ミーティングの内容は前半がトークショーで公判がミニライブの構成だった。
ライブなら曲を聴いてなんぼだが、トークショーの雰囲気も同じく好きなので筆者は楽しかった。
今回はPhase3という事で何も知らないのもあったのと、
ファンからの質問回答コーナーもありトークショーメインのイベントをやってくれたのは嬉しい。



RHEL9の証明書でハマった

2022年10月22日(土) - 20:55 | カテゴリ: Linux

5月にリリースとなったRHEL9を弄って感触を試しているのだが、
Ansibleから設定変更しようとしたら嵌ったので備忘録。

“ns-lab BB”はRHEL7系(CentOS7)を始め複数のディストリビューションを使っており、
互換性維持の為にSSH用の公開鍵もワザと暗号強度を下げている。
コレが問題でAnsibleからRHEL9を操作しようとしてもSSH接続が出来ず確認に時間がかかった。

原因は明確でRHEL9でCryptographic Policieが変更となった為。
デフォルト状態ではCentOS7の標準公開鍵と互換性が無かった。
解決するのは簡単で、暗号鍵を対応している物にするかポリシーをLEGACYに変更すれば良い。

# update-crypto-policies --set LEGACY
Setting system policy to LEGACY
Note: System-wide crypto policies are applied on application start-up.
It is recommended to restart the system for the change of policies
to fully take place.

アプリケーションの再起動が必要となるので、
手っ取り早くOS自体を再起動すれば変更後のポリシーが適用される。



Cisco Aironet 3800を買ってみた

2022年10月15日(土) - 18:22 | カテゴリ: Network

普段使いの自鯖環境にもちゃんと無線LANを構築してあり、いまはAironetが稼働中だったりする。
無線LANは技術進歩が速く業務用の無線APで追いつくのは難しいので、
本番環境は買い替えずに必要になったら検証機を追加購入してきた。

そんな中でも、IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)のAironetで動作検証をする必要が出てきたので、
必要に駆られた言い訳としてCisco Aironet 3800を買ってみた。


無線APは下手に分解すると技適にぶつかるので購入メモのみ。
普通のプラスドライバーで開けない様に特殊ネジが使われている。



  • 応援中

    花鐘カナデ*グラム Chapter:2 -花ノ香澄玲-