DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

『CASIO EXILIM EX-ZR400』買ってきて、フェイトを試写してみた

2013年07月27日(土) - 22:51 | カテゴリ: 雑談

先日、壊れてお亡くなりになってしまったEXILIM EX-H15の買い換えとして、
同じくEXILIM EX-ZR400を買ってきた。
ので、折角なので半日使用してみたレビューを徒然と…

最初は、Nikon Pentaxシリーズのどれかと迷ったのだが、
普段、デジカメの充電をしない自分にとっては、EXILIMシリーズのバッテリー持ちが好都合なので、
再度EXILIMを買ってきてしまった。

そして、EXILIMの中でも、ZR400とZR700で迷っていたのだが、
自分にはRAW現像までは必要無いのと、1cm程まで可能な接写機能に惹かれてZR400に決定。

まだ、使いこんでないのでわからんというのが本音なのだが、
半日弄ってみた感想としては以下みたいな感じになった。

  • 独自規格のUSBケーブルやめてくれ(´・ω・`)
     毎度の事ながら、独自規格使っているのでmicroとかを差す事が出来ないのが面倒くさい。
  • フラッシュ(発光体)の位置
     店頭で買うときに、店員の人も言っていたのだが、フラッシュの位置が指にかかりやすい。
     自分の場合は、この位置に慣れているので指にかからないのだが、気にする人は気にするかも。
  • 操作がちょいわかりにくい
     これは慣れも関わってくるだろうが、説明書見ながらでないと全機能を使うの不可能。
     その分、細かい設定をする事も出来るので、面白い写真を撮る事は可能。

とりあえず、こんな所だと思う。
あとは、暇な時にZR400片手にブラブラしたりして手に馴染ませたらわかってくる事もあるだろう。

………

という事で、実際に写真を撮影してみた結果が以下の通り。
今回は、自分が以前使っていた(H15)との比較がしやすい様に、
フェイトたんに再登場してもらった。
※比較用写真は以前の記事参照

撮影時のセッティングとしては、基本的にオートモードを使用。
オートから変更した時のみ、セッティング内容を記述。
ISOは、殆どの物で120程度(だった筈…(´・ω・`))。
ズームの方は、殆どの物でx3.0にて撮影しました(例外はその都度記述)。


『プログラムオート』


『ベストショット(コレクションモード)』


『ベストショット(コレクション)/ISO=80/マクロ撮影/ズーム=6.2倍』


『フォーカスコントロール/ぼかし効果Lv.2/背景ぼかし』


『アートモード(HDR)/アートLv.3/フラッシュ/ISO=80』



『プログラムオート(全設定オート)』


『プレミアムズーム/マクロ撮影/5cm接写』
…写真がぶれている?はい。撮影者の技術力不足です。


『プレミアムズーム/スーパーマクロ撮影/1.5cm接写』

………

今回、ZR400を使ってみて驚いたのが、被写体以外をぼかす機能が使えるレベルになっていた事。
今までは『んな事言ったって、デジタル処理でガシガシやっているだけでしょ?』と思っていたのだが、
この凄さには驚いた。
あとは、接写が1cm程度まで可能な事。
今回は写真を撮っていないのだが、これまた別の物を限界まで接写したら、1cmまでは撮影が出来た。
光の加減等によっては、もっと近寄る事も出来ると思う。

ZR400は、色々と機能が乗っかりすぎていて把握出来ないというのが本音だが、
これらを使いこなせれば、面白い写真が色々と撮れると思う。
…まぁ、撮影者の技術力が無いと駄目なんですけどね(´;ω;`)





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!
    CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

Top