DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

恋がさくころ桜どきをフルコンプ

2014年11月23日(日) - 18:56 | カテゴリ: ゲーム

恋がさくころ桜どき

2ヶ月くらいかけて、やっとの事で"さくさく"をフルコンプ出来た…

"ましろ色シンフォニー"が出てから約5年で登場した"恋がさくころ桜どき"
間に色々なゲームは出ていたものの、つばす先生が原画担当なゲームは久々の登場だった。

ゲームをやる前から、「絵重視でシナリオは"お察しください"になるんだろうな~」と思っていたのだが、
色々と粗はあっても最終的には楽しめる内容だったので、ほぼ満足。
一部キャラクターを攻略出来ない事を除けば(#・∀・)


今回の攻略順は『美桜 -> こなみ -> 夕莉 -> 杏 -> ティナ』の順番。間違っても、杏ルートを最初にやってはならぬ。
シナリオで相互の絡みは『杏とティナ』のみなので、それ以外は好きなキャラから攻略可能。
ただし、先の通り最後の二人は話の繋がりがある為、
最後に連続で攻略した方が内容をスムーズに読むことが出来る。

シナリオは、キャラクターの境遇にポイントを置いた、オーソドックスな構成。
よく言うと万人受けで、悪く言うと在り来たりなシナリオな印象。

キャラクターは言わずもがな。高レベルな原画なので、攻略中は満足しっぱなし。
つばす先生特有のむっちり感を堪能しながら、(*´Д`)ハァハァ出来る。

えってぃシーンは各キャラクター3回は確定。キャラによってはそれ以上も。
ただし、シーンの内容は薄味なので、濃いのを所望の人は満足出来ないと思う。
だが、つばす先生キャラでえってぃシーンを堪能出来るのがこのゲームの魅力だろうし、強要は出来ないか…

………

所謂、キャラクターゲームの意味合いが強い恋がさくころ桜どきなのだが、
キャラゲーに恥じない高レベル原画で、ゲームやる人を虜にしてくれる。
シナリオとシーンはちょい残念な結果になってしまっているが、
それを補完出来るキャラクターが揃っているので、(;゚∀゚)=3ハァハァしたい人はやってみると良いかと。

ところで、花子・美夕・葵の攻略ルートを装備したFDは出ないんですかね!?





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!
    mirai『宿星のガールフレンド』7月27日発売!

Top