DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

自宅ProxyをSquid4.3にアップグレード

2018年11月03日(土) - 19:00 | カテゴリ: Linux

通信先管理とWiFi環境からのWeb通信ログを取る為に、
ns-labではProxyを構築してあったりする。
Proxyには皆さんご存じのSquidを利用しているのだが、
アップグレードが面倒でstableのv3.5を使い続けていた。

ただ、先日辺りからv4.0系もstableになったと話を聞いたので、
10月末にSquid v4.3にアップグレードをしてみた。
ちなみに、11/03現在の最新バージョンはv4.4だったりするが未テストなので割愛(´・ω・`)


パッケージで入れるとバージョンが低いので、ソースコードを独自ビルド。
オプションは、ほぼv3.5の物を使い回す事が出来た。

Proxyネタと言えば、DigiLoogでも過去に何回か取り扱っていたりする。
直近でSquid v4.0系に関係ありそうなのが下の通り。まずはコレらが解消しているか確認してみた。

結論としては、両方とも解消していたヽ(´ー`)ノ
Squid自体のパラメータ変更は、アップグレードによるエラー回避以外はやっていないので、
単にSquidの処理が最適化されたのかもしれない。
Squid v4.0系はまだ枯れていない所がありそうだが、大体の機能については完成した感があった。
まだまだProxyは必要になると思うので、時間を見つけて実動作テストを続けていこうと思う。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『その花が咲いたら、また僕は君に出逢う』を応援しています!
    シルキーズプラス DOLCE 『言の葉舞い散る夏の風鈴』

Top