DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

MSIのRadeon R9 280 GAMINGをIYHしてベンチをぶん回す

2014年11月30日(日) - 00:51 | カテゴリ: 自作PC

先日、組み直したPCのセットアップが終わり、
ベンチを回す段階までいったのでスコアを取ってみた。

マシンスペックはコチラ
 1). 全部定格で測定
 2). ただし、自動OCとかはそのままの設定
 3). 今回はPCMark VANTAGEとCINE BENCH R15を使用
 4). 測定はそれぞれ2回ずつ実施
※上記の通り適当な測定なので、結果はガチではなく簡易的な参考程度と思って頂ければ幸い

  • PCMark VANTAGE

 

  • CINE BENCH R15

今回作ったPCの要望が「グラフィック速度重視」だったのでR280積んでみたのだが、ここまで速度出るのか。
自分専用機として組む時は、CPU処理速度とメモリ容量を優先しているので、
このスコアを見たのは初めてだったり(´・ω・`)
だって、ゲームと言ったらエ○ゲしかしないし… GPUエンコーディングは本気でやってないし…

パワレポでも書かれていたが、高性能GPU載っけるなら最低でもQuadコアがボーダーラインになりそう。
昨今なら、ホームユースでのマルチコアCPUは当たり前になってきているし、案外低い線引きなのかもしれない。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    Hearts『恋するココロと魔法のコトバ』応援中!
    mirai『宿星のガールフレンド』7月27日発売!

Top