DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

6月の月末エ○ゲの日に参戦してきた

2016年06月25日(土) - 21:46 | カテゴリ: ゲーム

毎度の事ならが、エ○ゲの日当日に行く事は出来なかったのだが、
翌日となる土曜日にゲームの回収と、Kiccoさんのアルバム購入をしてきた。


そろそろ、月末の日当日に参加したい所 (´・ω:;.:…



Cisco Catalyst 2960-SをIYHしたので分解してみた

2016年06月19日(日) - 23:52 | カテゴリ: ネットワーク

ns-lab BB機器更新で使うCatalyst2960Sが届いたので、
昨日に引き続き、分解しながら筐体内の掃除をやってみた。


Cat2960Sと言っても、今回はデータセンターとか一般企業でも現役稼働しているであろう、
Catalyst2960-S 48TS-L」を奮発して買ってみた。
ちなみに、自分も以前使った事がある機材であり、個人的に親しみあるスイッチという点と、
今回機器更新をするに辺り、L2SWを2台体制から1台に集約する目的もあったので、
『それならCat2960S 48ポートだろう』という事も後押しとなった。

先の通り、現在のns-lab BBはL2SWを2台体制にして、LANポートを30個以上占有している状況。
しかし、後に購入予定の仮想サーバ共有領域用NASへの帯域確保と可用性向上の為に、
ギガポート4本によるLAGを組む必要があったのだが、
LAG仕様の関係もありL2SWx2だと色々と問題があった。

例えば、2台のL2SWを跨いで4ポートLAGを組むには、ポート片寄せとか色々小細工が必要になり、
設計としても運用としてもベリーハードモードになるので、やりたくなかった ヘ(゚∀゚ヘ)
そもそも、別筐体でLAGは組む事が出来ないし、頑張っても片寄せ運用でお茶を濁す事しか出来ない


刻印がシール痕で燻んでしまっているが、前オーナーが筐体ホスト名とかを貼っていたのだろう。
他の2960Sと同じく、刻印は「Catalyst 2960-S Series」に統一されている。


Cisco891FJをIYHしたので分解してみた

2016年06月18日(土) - 23:32 | カテゴリ: ネットワーク

DigiLoogが稼働している「ns-lab BB」のNWコアは、
1812JやCat2950を軸に構築していた名残もあり、未だに100Mbpsの機器が頑張っていた。
しかし、昨今の電気代値上げや、部屋が暑すぎて(室温35度over)寝られない日々も続いてきたので、
予算を積んでバックボーンの機器を入れ替える事にした。

で、その中でサーバ・クライアントのゲートウェイとして動かす想定で購入したのが、
今回の分解対象であるCisco891FJ。
今までは1812Jを2台設置し、HSRP、VRRP、PBR、OSPFと使える技術を駆使して、
擬似的に200Mbpsに拡張する事でルーティングを頑張っていたのだが、
エ○ゲ環境を自鯖上に行こうしたり、NASの有効化を進めたりした結果、
1812Jが常時捌けるトラフィックも限界を迎えつつあった (´・ω・`)

という事で、ギガビットをデフォルトで積んでいるCisco891FJを某所でサクッと購入し、
毎度おなじみのNW機器分解をやってみた。


久々にIOS15系を触るので、お作法忘れていないか心配な筆者…


「Cisco890ISR」が正式名称らしいが、刻印は「Cisco800Series」になっている。



  • Advertise

  • 応援中

    mirai『ハナヒメ*アブソリュート!』5月27日発売!
    『タユタマ2 -you're the only one-』2016年5月27日発売予定!
    フローラル・フローラブ応援中!
    天ノ葉「1分の2恋ゴコロ」 応援中♪

Top