DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

私物スマホをSONY Xperia 10 IIに買い替えた

2021年12月12日(日) - 22:47 | カテゴリ: 雑談

3年位前に購入したSH-01Kを私物スマホとして使っていたが、
AQUOSスマホ特有のWi-Fi補足が弱い問題に長年悩まされていた。

筆者はスマホをモバイルルータでWi-Fi運用しており、機種特有のWi-Fi補足の悪さが悩みだった。
この辺りの問題については、無線APやモバイルルータのチューニングで上手く使えていたのだが、
本体がへたってしまったのか自宅の無線APすら補足出来なくなってしまった。

無線APの再チューニングで試行錯誤してみたが、
コレでも解決出来なかったのでスマホの寿命という事で諦めて乗り換える事にした。

………

そうなると、買い替えるスマホを選ぶ必要があるがAQUOSスマホは懲りたので没にして、
SONYのXperia・SamsungのGalaxy・GoogleのPixelが候補になった。
使った事の無い機種を買って冒険する事も考えたが、
今の時代Wi-Fi運用している事例が少なく予測不能だったので、Xperiaを改めて使う事にした。


という事で、ミドルレンジスマホのSONY Xperia 10 IIを中古で買ってきた。

スマホ本体の処理速度や使用感等のレビューは他サイトが大量にやっているので割愛。

何故にミドルレンジスマホを選んだかについてだが、
筆者はスマホでゲームをやらない上、WebサイトとTwitterが見れて、少しメールが打てれば良いので、
性能と価格のバランスが良いミドルレンジスマホを選んだ。

まず、一番の問題だったWi-Fiは問題無く補足出来た。
使いたい時に使えないのはストレスになるので、コレが解決出来ただけでも買い替えて良かった。
検証用のIPv6オンリーNWやデュアルスタックは元より、NAT64環境でも無事に使えたので、
昨今のキャリア網で多いCGNAT64でも普通に使えると思われる。

一般人が気にする事の多いバッテリーも申し分ない持ち様だった。
100%フル充電状態から3時間程度twitter見たりスマホでメールを書いたりしたが、
バッテリーは5%減っただけで相当のバッテリー耐久度がありそうだった。

キャリアアプリ等の不要な物をアンインストールしているのもバッテリー持ちに寄与していそうだが、
それを差し引いても驚異的な結果だった。

………

世間の事もあり、外出する機会とスマホを持ち出す事が減ったのも事実だが、
なんだかんだでスマホが無いと困るのが現実。
筆者の場合、同時にWeb確認とメール返信をしたりする事も多いのだが、
Android11特有のマルチウィンドウで効率化出来たのも嬉しかった。

今回はWi-Fiを補足出来なくなったのが原因で買い替えたが、3年も使えたなら上々の成果だと思う。
デザインも気に入っていたので残念だが、通信出来ないスマホは流石に使えないので致し方ない。
使わなくなった方を売っても二束三文にしかならないので処分に迷うが、
ミュージックプレイヤーとして使えないか弄ってみようと思う。

何はともあれ、コレで普通にスマホを使える環境になった。
暫く試行錯誤する必要があるが、新しい物を買った直後の特権みたいな物なので楽しもうと思う。





  • 応援中

    『フタマタ恋愛』を応援しています!
    アンレス・テルミナリア - Whirlpool