DigiLoog

PC関係の事なら何でもいけるそんな処

IPv6 FORUMとIPv6 Certificationの登録完了

2017年07月15日(土) - 23:11 | カテゴリ: Network

実は今年の1月1日から少しずつやっていた”IPv6 Certification”と、
自鯖をIPv6化した事で申請可能になった”IPv6 FORUM”への登録がやっと完了した。

 

IPv6 FORUMの方は申請・登録が完了すると、申請者の固有ID付きIPv6 READYロゴが発行され、
Webサイトとかに用いる事が出来る。
ただ、結構ロゴがデカく自鯖のWebサイトで用いるとレイアウトが微妙になるので使って無いが…

日本で取得している所も結構多く、kame.netJPRSIIJとかが取得している。
他にも、コミケのNW島で有名な方々が取得していたりしていて、
IPv6界隈だと有名な認証プログラムだったりする。

………

IPv6 Certificationsは、あまり使っている人がいないだろうが、
日本のISPでIPv6対応がここまで進んで居なかった時代に『とりあえずIPv6を調達する』には重宝していたらしい。
現在使う場面としては、Bフレッツを使っている人、ケーブルテレビ系でIPv6対応出来無い人が、
どうしてもIPv6を自宅に引き込みたい場合に使う必要がある『IPv6トンネル』の接続先となる。

実際のIPv6トンネルの接続先は、同社のTunnelbrokerサービスなのだが、
TunnelbrokerとCertificationsは連動していて、CertificationsでSageレベル以上になると、
通常はフィルタリングされているOP25Bが解除出来る為、
Tunnelbrokerを自鯖用途で使う場合には、必然的にCertificationsもSage以上にしなければならない。

で、最短でSageにするには丸一日と100円(ドメイン調達費)があれば問題無いのと、
点数も900点程度あればなんとかなるのだが、今回は満点である1500点まで上げてみた。
ぶっちゃけ、これが非常に面倒くさく、pingを1日毎に100箇所へ飛ばしたりしなければならない (;´Д`)

ただ、登録上はJPの人で1500点まで行っている人は自分含めて2人しかいないので、
今まで知らなかった人は是非とも使って欲しい所存。無料でIPv6を/48貰えるし。

ちなみに、Tunnelbrokerを日本から接続する際に通信経路がアメリカ経由、
インドネシア経由になって通信速度が猛烈に遅くなる場合があるのだが、
トンネルを貼るIPv4のISPを上手く選ぶと30~50Mbps程度までは普通に出る。

………

あまり取り沙汰されていないIPv6対応だが、今年からLTE網でのIPv6払い出しがデフォルトになったり、
ISPレベルでの対応も着々と進んでいたりする。
そうなると、次はコンテンツの対応が必須になるので、
そろそろ準備を本格的に進めなければならないのかもしれない。





Leave a Reply

*

  • Advertise

  • 応援中

    『タユタマ2-After Stories-』2017年4月28日発売予定!
    CRYSTALiA『絆きらめく恋いろは』応援中!

Top